openBD検索テスト

T.Kouya

Last Update: 2017-02-01

Version 0.11:
全件検索対応版へリンク追加
Version 0.10:
スマホ対応他色々機能追加
Version 0.00:
とりあえず作った

全件検索試作版へ

 

OpenBD URL

https://api.openbd.jp/v1/get?isbn=978-4-627-84881-8&pretty

keyvalue
isbn9784627848818
titleLAPACK/BLAS入門
volume
series
publisher森北出版
pubdate20161216
cover
author幸谷智紀/著

onix

CollateralDetail

SupportingResource[0]

keyvalue
ResourceContentType01
ContentAudience01
ResourceMode03
ResourceVersionArray

TextContent[0]

keyvalue
TextType04
ContentAudience00
TextChapter1 LAPACK/BLASとは Chapter2 LAPACK/BLASことはじめ Chapter3 BLASの活用 Chapter4 LAPACKドライバルーチンの活用 Chapter5 疎行列用の線型計算ライブラリ Chapter6 並列化の方法 Chapter7 GPU上のLAPACK/BLAS:cuBLASとMAGMA,cuSPARSE Chapter8 非線型問題を解く

TextContent[1]

keyvalue
TextType03
ContentAudience00
Text数値計算ライブラリ「LAPACK」の使い方から,使いこなすためのテクニックまでを解説した,待望の入門書. ●本書の特長 ・LAPACKの構成,できること/できないこと,C/C++との仕様の違いなどを整理. →公式マニュアルには書かれていない,けれど知っておくべき知識が得られる. ・「連立一次方程式」「固有値問題」を中心に,ベンチマークテストを行いながら解説. →実際にLAPACKでの計算がどのくらい速いか,実感しながら学べる. ・疎行列計算,並列計算,GPUへの応用まで解説. →ある程度使い慣れた経験者にとってもためになる. ●サポートページ 本書で紹介したサンプルプログラムや,LAPACK/BLASのインストール方法やコンパイル,実行方法は以下のページで案内しています. http://na-inet.jp/lapack/

TextContent[2]

keyvalue
TextType02
ContentAudience00
Text数値計算ライブラリ「LAPACK」の使い方から,使いこなすためのテクニックまでを解説した,待望の入門書.

PublishingDetail

Publisher

keyvalue
PublishingRole01
PublisherIdentifierArray
PublisherName森北出版

PublishingDate[0]

keyvalue
PublishingDateRole01
Date20161216

PublishingDate[1]

keyvalue
PublishingDateRole25
Date20161215

ProductSupply

SupplyDetail

Price[0]

keyvalue
PriceType03
PriceAmount2600
CurrencyCodeJPY

DescriptiveDetail

TitleDetail

TitleElement

TitleText

keyvalue
collationkeyラパックブラスニュウモン
contentLAPACK/BLAS入門

Contributor[0]

PersonName

keyvalue
collationkeyコウヤトモノリ
content幸谷 智紀
keyvalue
BiographicalNote静岡理工科大学 教授 博(理)

hanmoto

keyvalue
hastameshiyomi1
datecreated2016-11-03 10:02:07
datemodified2016-11-03 10:02:07

summary

keyvalue
isbn9784627848818
titleLAPACK/BLAS入門
volume
series
publisher森北出版
pubdate20161216
coverhttps://cover.openbd.jp/9784627848818.jpg
author幸谷智紀/著

To Home

Copyright (c) T.Kouya@SIST