卒研メモ:W3C Payment Request API

 通販サイトや金融分野でのWebの利用が活発な昨今,金銭のやり取りのための標準APIであるW3C Payment Request APIが,主要ブラウザで実装されているようです

 仕様をざっと見たところ,JavaScriptで支払情報,支払い完了情報等のオブジェクトが定義されており,オブジェクトに情報を突っ込んでJavaScript関数を呼び出すだけで支払いが可能になるという便利なAPIになっています。勿論,現在でもクレジット情報のやり取りは普通にWeb上で行われていますが,全く標準化されておらず,旅行業者や通販業者ごとにバラバラの取引ツールを使わざるを得ない状況になっていました。

 今後はAmazon BusinessのようにB2Bでも標準的なAPIで金銭のやり取りが行われるようになっていくでしょう。巨大なプラットフォームに依存しないW3CでのWeb APIの標準化と実装の勧めは自由競争社会を維持する上で重要な活動です。

投稿者: T.Kouya

静岡理工科大学 情報学部 コンピュータシステム学科 教員