卒研メモ: openDB全件サーチMySQL化

 以前作ったOpenBD全件サーチ試作版ですが,卒研が佳境になってきたので,高速化の試みを行いました。A君の頑張りのおかげで,Memcachedをかませてコンマ000秒程度の時間で検索が可能であることが確認できました。とはいえ,一度検索を行った結果がCacheされて再利用できる場合にのみ,です。

 SQLiteからMySQLへの移行も行い(未公開),ついでにデータダウンロード用のPythonスクリプトをVersion 3対応しました。結果として,安定的に1秒台後半の検索が実現できています。

 ただやっぱり普段からGoogleの爆速サーチに慣れ切った身としては,1秒以上待たされるというのは「もったりすったり」感が拭えません。

 現状では検索対象データは100万件程度,1GBぐらいで収まってますので,このぐらいならどうにか全部On memoryで可能と考えています。とりあえずMySQLのMemory storage機能を使ってみたいところです。

 これで初手から検索が高速になるようなら,Memcachedも不要となるはずですが,データの肥大化にどこまで対応できますやら。

投稿者: T.Kouya

静岡理工科大学 情報学部 コンピュータシステム学科 教員