卒研メモ:Webプログラミングフレームワークまとめ

 Apache Cordovaの教材ですが,新たに「じゃんけんゲーム」を課題として追加し,説明をちまちまと改良して一段落しました。実際にコンピュータシステム実験で取り組んでもらうと,課題4で躓いて課題5まで完成するのが難しくなる,というのが本学の平均的なコンピュータシステム学科3年生のWebプログラミングスキルのようです。世間的にはどうなんでしょうか?

 さて,次の「Webプログラミング開発入門」はフレームワーク(Framework)に基づいた教材作成がテーマになるわけですが,あまり手を広げすぎると収拾がつかなくなるので,

  • サーバサイドはPHP7 + MariaDB(MySQL) or SQLite3
  • クライアントサイドはHTML5 + CSS + JavaScript

で使える範囲のものにとどめておく予定です。Java ServletとかRuby on Railsとか.NET Coreは他の方にお任せしておくことにしましょう。もちろん,自力でやってみるのなら,卒研テーマとしてはO.K.です。その代わり,途中で挫折しても手助けできないことはご承知おき下さい。多分,別テーマに乗り換えてもらうことになります。

サーバサイドのフレームワーク

 通り一遍のCRUDアプリを作るにしても,サーバーサイドのフレームワークは結構道具立てが大変なので,それぞれ1章分ぐらいになっちゃいそうですねぇ。

クライアントサイドのJavaScript-based SPAフレームワーク

 上記3つのクライアントサイドのフレームワークは,全てNode.js環境下でSPAを作るためのものなので,まとめて一章分ぐらいでいいような。Cordovaの章に1節ずつ追加する程度かなと。

 以下,Google Tread調べを載せておきます。すっかりWordPressの天下になっちゃいましたねぇ。インストールも操作感もお手軽ですからね。

Google Trend調べ