FAQ: Apache Cordova開発環境構築

 本研究室では,シングルページアプリケーション開発環境として,ネイティブスマートフォンアプリも構築できるApache Cordovaを使用します。以下,Windows 10 x64環境で,Cordova + Android Studio(エミュレータの利用)開発環境を構築する手順を解説します。情報が古くなったら(リンク切れとか)教えて下さい。

  1. node.jsをインストール。なるべく安定版の方を利用。
  2. node.jsインストール後,アプリケーションから”Node.js”→”Node.js command prompt”を開き,”node”コマンドが使用できる(Pathが通っているか?)ことを確認。
  3. JDK(Java Standard Edition Development Kit)をダウンロード(jdk-8xx_windows-x64_bin.exe)してインストールする。何故かJDK 8の最新版でなければCordovaではコンパイルできないので,JDK 9とかJDK 10を入れてはいけない。その後,
    PATHにJDK\binを追加(javacへのパスを通す)
    JAVA_HOMEにJDKをセット
    antのPATHを追加(c:\Program Files\java以下に入れておく)
  4. Apache antをインストールしてパスを設定
  5. Windowsを再起動
  6. コマンドプロンプトから
    node -v,
    npm -v,
    javac -version,
    java -version,
    ant -version
    が動作するか確認する。
  7. Anrdoid Studioをインストール
  8. Android Studioを開き,適当な新規プロジェクトを作って起動,”Tools”→AVD manegerを開いて適当なAVD(Android Virtual Device)を作成。
  9. 次のコマンドを実行し,すべてのライセンスを承認しておく。
  10. コマンドプロンプトを開き,Apache Cordovaをインストールする。
  11. firstappを作成。コマンドラインプロンプトから下記の順番で実行
    1. cordova create firstapp
    2. cd firstapp
    3. cordova platforms add browser android
    4. cordoba build <-- 必要なツール(gradleとか)を勝手にインストール
    5. cordova serve →ブラウザ http://localhost:8000/で確認

  12. AVD(Android Virtual Device)イメージを作る
    Android Studio→Tools→AVD managerから適当なデバイスを選んでDL
    →AVDを起動したら
    cordova emulate android → Android emulaterが起動して確認